銀行のカードローンのメリット。

カードローンと言えば、消費者金融のイメージが強いという方もいらっしゃいますが、最近では銀行のカードローンが多く利用されており、人気も高くなっています。そんな銀行のカードローンのメリットについてご紹介していきます。銀行のカードローンは、今までメインで使用していた銀行でローンを組むことが出来ます。その為、信用できる場所から借りることが出きる安心感が生まれます。更に、今まで使用していた銀行のキャッシュカードをローンカードとして使用することが出来ますので、財布の中にローンカードを入れておかなくてもすみますし、誰かにばれる心配もありません。財布の中身を増やすことも無いのですから、非常に便利なのです。更に、銀行のカードローンが選ばれる理由として、金利の低さが大きなポイントとなります。消費者金融ですと18%の金利が一般的となりますが、銀行では14%程度となっております。これは大きなメリットとなっており、大きな金額を借り入れる方には非常に魅力的な金利となります。信頼できる場所から低い金利で借り入れることが出来るのは、魅力的ですし安心感も生まれます。選ばれるのも当たり前だと感じてしまいます。

しかし、デメリットもいくつか存在します。審査期間が長いという点です。消費者金融では審査に時間がかかることはあまりなく、殆どの会社で即日融資が可能となりますが、銀行では審査に2・3日かかる場合があります。これは最近では改善されてきていますが、融資を断られる可能性も捨てきれませんので、今すぐ現金を借り入れたいという方には、あまり選ばれないのではないでしょうか。それでも、あらゆる場所で返済が出来る、という点は大きなメリットとなります。提携ATMからすぐに返済することが可能ですし、コンビニエンスストアからも返済することが出来ます。便利で使いやすく、安心してカードローンを組むことが出来るのは、ローンの経験があまり無い方にもお勧め出来るシステムですので、ローンでお困りの方は是非お問合せしてみてはいかがでしょうか。