消費者金融が提供するサービスのカードローンとは

大手消費者金融業者は、現在カードローンを主力としています。というよりも、カードローンのみしかローン契約をしていないことが多いです。中小の消費者金融の場合は、逆に設備などを用意することができないため、従来通りの、直接窓口で現金を手渡す方法で融資をしていることが多いです。カードローンとは、カードを利用してお金を借りることができるローンです。通常のローンと異なる点は、限度額内で自由に利用ができ、随時カードをATMに入れれば、借入をすることが可能という点です。枠は返済をすれば回復するため、解約をしない限りいつでも借りられます。返済の実績を上げていけば増額申請もできます。このように使い勝手が良いので、現在大手の大半は、カードローン一本に絞っています。

ただし、カードローンという名前で提供していても、インターネット完結で融資を受けられるカードローンもあります。インターネットから申し込みをする場合、通常は後日カードが郵送されることになります。しかし、消費者金融業者から郵送物が届くことで、家族に利用がばれてしまいます。これを避けたい人も当然いますが、そういった人に人気があるのがインターネット完結型です。これは、申し込み後は、審査に通れば振り込みで融資をしてもらえます。その点は、インターネットから普通に申し込んだ場合と同じです。異なるのは、追加で融資をしてもらう場合も、インターネットからの手続でよいという点です。これも、対応時間内であればすぐに振り込まれるので、急いでいる時でも問題ありませんし、返済をすれば枠が回復します。カードが発行されないという点以外は、あまり違いはありません。もちろん、店頭での申し込みや無人契約機、電話、郵送などあらゆる申し込み方法が用意されているため、申し込みの幅は実に広いです。最近はさらにスマートフォンのアプリも登場しており、これを使って簡単に申し込みができます。利用者に常に良いサービスを提供する姿勢が見て取れます。