カードローンとは?賢い使い方は?

カードローンとは、限度額の範囲内なら自由に利用ができるタイプの借金です。クレジットカードを利用したことがある人は、ショッピング枠の範囲内なら自由に使えるということに気がつくでしょう。枠が30万円に設定されているなら、50万円の商品を購入することはできず、すでに20万円を利用してしまっているなら、残りは10万円しか利用ができません。カードローンについても、基本的にはクレジットカードのショッピング枠と同じと考えておいてよいでしょう。異なるのは、クレジットカードでは買い物に利用するのに対して、カードローンでは現金を引き出せるということになります。商品を購入したい場合には、カードローンで現金を引き出して、その現金を使用して買い物をするという二度手間になるので、クレジットカードのほうが便利です。しかし、飲み会の参加費用など、現金が必要なケースでは、カードローンを利用することになるでしょう。カードローンで注意するべきなのは、返済方法がリボ払いになっているという点です。クレジットカードでは、基本的には一括払いで設定されており、会員画面などから自分でリボ払いの設定を行うようになっていますが、カードローンでは基本的に返済方法がリボ払いにしか対応していません。

なにも考えずに利用をしていると、利息が膨大になってしまうので、注意をしておきましょう。例えば、50万円を借りて、毎月1万円ずつを返済していった場合、最終的な利息は40万円を超えてしまうこともあります。さらに、途中で追加融資を受けてしまうと、利息は50万円を超えてしまい、およそ50万円を借りるために手数料として50万円以上を支払うというような事態になってしまうこともあります。基本的には、少額のお金を借りて、短期間で返済をしてしまうという使い方をするのが良いでしょう。長期的に借りるのであれば、しっかりと比較をして、金利の低いところで借りることが大切です。