信用金庫が扱っているキャッシングとその独特さ

金融関連の会社には、色々な種類があります。もちろん銀行などはその1つに該当するのですが、他にも信用金庫もあるでしょう。 その金融会社の場合は、いわゆる地域密着型の経営をしていることが多いですね。私の自宅の近所にも、信用金庫の実店舗が1軒あります。あそこは、地域住民の方々のみが利用でき、遠方の地域では利用不可ということになります。メガバンクなどとは、色々と異なるのですね。

ところで信用金庫は、キャッシングを扱っています。もちろん資金調達を目的に利用されることが多い商品なのですが、他の金融会社と違って、色々と独特ですね。 まず前述の地域性です。基本的には地域密着型の商品となり、遠方の方々はそれを利用できません。銀行とは違うわけですね。もちろん賃金業者とも、そこは大きく異なります。アコムの店舗などは、全国の至るところで見かけるでしょう。

また信用金庫の場合、保証人に関する特徴もあります。実はそのタイプの金庫から借りるとなると、たいていは保証人が求められるのですね。住宅と同じく、親戚に対する声がけなどが必要になるのです。ちなみに賃金業者や銀行などの場合は、それは求められません。ある意味後者の方が手軽ですね。

こうして見ると信用金庫の商品にはデメリットが大きいように感じるかもしれませんが、実はそうとも言えない一面もあります。それが借りる金額の制限なのですね。 賃金業者から借りるとなると、まず間違いなく所得に対する制限があります。現在の所得が250万の場合は、借りれる額の限界は75万などに限定されるのですね。所得の3割までに限定されるルールだからです。 ところが信用金庫のキャッシングには、そのような縛りがありません。つまり、ある程度まとまった資金調達が可能になる事もあるのですね。 80万以上借りれることもあります。もっとも、たいていは100万以内になるのですが。 このような状況なので、信用金庫によるキャッシングの場合は、やや独特と言えるでしょう。