キャッシング返済が滞った催促する取り立ての方法

お金がない時には、気軽に借りれる金融企業は神様のように思いますが、その返済が払えなくなったら悪魔みたいに様変わりするっと言うのは、テレビやドラマや、悪徳業者だけの世界であります。キャッシングの借入をしたら、契約の時に、毎月返済する約定日と言うのが決められます。この約定日は返済する日にちです。この日にちに1日でも遅れると、返済が延滞していると言う事になるので、延滞金も発生します。この約定日に遅れたら、どうして延滞しているのか、電話連絡が入るのです。

企業によって違いがありますが、まずは、携帯電話へ連絡します。そして、携帯電話が繋がらないのなら、自宅へ督促状の手紙が郵送されます。メールアドレスを伝えているのなら、別にメールで連絡が入る場合もあるでしょう。そして、まだ連絡がつかないのなら、自宅の電話に連絡するでしょう。更に、どうしても連絡がつかないなら、自宅へ訪問してくるでしょう。これらの色々な方法で連絡をしていて、全く連絡もつかないっと言う場合には、勤務先への連絡をするのです。

だから、キャッシングの企業から連絡があったら、早めに電話に出ておいて、理由を説明して、何時返済出来るか答えておいた方が良いでしょう。そして、取立ての連絡は、真夜中に掛けてきたり、朝早くに掛けて来るのはありません。いくら仲の良い友人からの連絡でも、夜中や、朝早い電話だと迷惑だわっと感じると思います。このようにならない為に迷惑にならない時間帯にだけ連絡が入るのです。それは法律で決まっていて、朝に9時から夜の8時までと決められているようです。

そして、訪問の場合は、家に土足で上がりこんで返済するまで帰らないっと言った無理矢理に人の家に立てこもった取立てなどもありません。家に金払えっと張り紙をしたり、近所に噂を流すようにふれまわったり、近くの家に聞こえるような大きな声で返済の事を言ってわめいたりする事も法律で禁止されているので、そんな横暴な取立ては無いでしょう。もっとひどいような、行動追いかけてストーカーみたいに付回したり、監禁して返済するまで閉じ込めるとか、そんな事もありません。殆どの取立ての連絡は、感情的な物言いをしたりせず、とても丁寧な話し方で、理性で話し合う連絡のようです。借金の取り立ては恐い人が言う来るのかと想像の世界では思われていますが、ネクタイを締めた人が業務として来る程度でしょう。そして取立てに規制があるので、それに添った一般的な方法で連絡が入ることでしょう。