FXで5万円を稼ぐのに必要なノウハウ

SBIFXトレードでドルストレートの取引をした際の損益計算

FXで5万円を稼ぐのに必要なノウハウ SBIFXトレードではクロス円だけではなくてドルストレートの取引もできます。クロス円の場合には損益計算は比較的簡単で、だいたい直感的にできるでしょう。たとえば、1万ドルを1ドル=120円のときに買って、1ドル=121円になれば、1ドルあたり1円ですから1万ドルでは1万円の利益となります。しかし、ユーロ/ドルの取引をした場合には、損益はどうやって計算すれば良いのでしょうか。 計算は基本的に同じで、ドルでの損益を計算して、それを円に換算すれば良いだけです。たとえばSBIFXトレードではユーロ/ドルの取引ができますが、仮に1ユーロ=1.14ドルで1万ユーロを買ったとしましょう。そして、予想通りに為替レートが上昇して、1ユーロ1.16ドルになったとします。こうなると、1ユーロあたり0.02円の利益を得ることができますから、1万ユーロなら200ドルの利益が発生します。200ドルがどれくらいになるのかというと、これはドル円レートを乗じればすぐに分かることです。ドル円レートが1ドル=120円とすると、200ドルは24,000円となります。 計算式で書くのも難しくはなくて、「(売りレート - 買いレート)×取引数量×(ドル/円レート)」となります。このようにすればすぐに計算ができるはずです。ドルストレートの取引をする際には、利益はドル/円レートで換算されます。事前どれくらいの損益が期待できるのかを把握しておくのは良い方法です。ただ、慣れてくればだいたいどれくらいになるのかは分かるはずです。そのためには、ドルベースでの損益とドル/円レートを頭に入れておく必要があります。 上の例では、ユーロ/ドルを扱いました。ユーロ/ドルの場合には、0.01ユーロの変動は、1万通貨では100ドルですから、100ドルにドル/円レートを乗じることで損益を計算できます。SBIFXトレードではドルストレートも取引ができますが、だいたいこのような感覚で損益を計算できるようになっておくと良いです。ちなみにSBIFX キャンペーンなどを見てみると、かなり良い情報が載っていたので時間がある方はチェックすることをオススメします。

FXの取引システムの開発はたいてい外部に委託されている

FXで5万円を稼ぐのに必要なノウハウ FX業者選びに関する情報を色々見ると、たまにリッチアプリという表現が用いられている事があります。もしくはリッチ版という表現です。リッチ版とは、簡単に言えばパソコンで利用する事ができるシステムを指します。昨今のその金融商品では、モバイル媒体で売買をする事もできるのですが、もちろんパソコンでも売買が可能なのですね。 ところでそのリッチ版というシステムは、金融会社が独自で開発をしているケースは極めて稀です。どちらかというと、外部の会社に依頼をしているケースがほとんどなのですね。ちょっと専門的なIT用語になりますが、リッチクライアントというものがあります。パソコンのブラウザを用いて様々な作業などを行う事ができる、FXの取引画面のようなものです。 そしてリッチクライアントを開発するのは、かなりの技術は必要なのですね。いわゆる技術職の方々が色々と試行錯誤を重ねて、そのようなツールを開発している訳です。そして金融会社としては、そのようなIT関連の企業に対して、外注をしているケースがほとんどです。つまり金融会社は、そのクライアントというツールを自分で作っている訳ではないのですね。あくまでも外部委託をして、そのクライアントというツールを定期利用しているケースがほとんどです。 ところで色々な金融会社の取引画面を見てみると、たまに画面のレイアウトが非常に似ている事があります。全く別の会社の筈なのに、取引画面が余りにも似ているので、グループ会社ではないかと錯覚してしまう事さえあります。実はそれは、同じクライアントを使っている事があるからです。例えばFXの会社AとBがあるとします。その2つの会社は、CというIT関連の企業のリッチクライアントを用いている事があるのです。全く同じ企業のクライアントを用いているので、AとBの取引画面は非常に似ている事があります。このようにシステムに関する外部委託をしているのは、FXという金融商品の特徴の1つとも言えるでしょう。

YJFXは外貨で受け取れると聞いて

FXで5万円を稼ぐのに必要なノウハウ FXはすでに開始していたのですが、業者によっても使い勝手が違うということだったので作って損があるものでもありませんでしたから、他の業者の口座も作ってみようと思いました。そこで、ヤフーグループのFXなら安心かなと思ってYJFXの口座開設をして見ることにしたのです。決済の方法として外貨をそのまま受け取ることが出来るというものがあり、その際の手数料がかからないため両替の手数料が不要ということで、外貨が直接欲しい時にも便利だと思ったからです。たまに海外旅行をすることがあるので、その時のためだけに口座を作っておくのも悪くないと思ったのです。 口座開設はすぐにできて、数日後にパスワードが届いてすぐに取引を開始することができました。YJFXを始めて最初に良いと思った点が、1000通貨単位から取引をすることができるという点でそれまで利用していた業者は1万通貨単位からだったので、これはありがたいと思いました。1000通貨で取引をすることがないものの、1万通貨だとギリギリポジションを増やすことができないということもあってもやもやすることもあったのですが、1000通貨単位なら9000通貨といった感じでポジションを持つことができるのは効率が良くて取引しやすいと思ったのです。 注文方法も多彩で、特にトレール注文が便利でこれのおかげで寝ている間や出かけている間でも、安心して放置をすることができるのも便利ですね。これがあることによって今までなら、損切りになってしまったようなものも利益が出て決済されることが多くなったので、終始も向上することになりました。そして、外貨で受け取ることができるというのも便利で即日すぐに外貨が手に入るわけでもありませんが、そうでないのであれば両替手数料が不要というのは大きく、旅行の際の手数料の節約につなげられそうだと感じました。

FX会社一覧から自分に合った会社を選びましょう

FXで5万円を稼ぐのに必要なノウハウ FX、今では老いも若きも簡単に口座を開設出来ることから人気の商品となっています。特にインターネットで24時間中、取引が出来ると言うことで、サラリーマンとか家庭の主婦層にもこの取引を行なう人が増えているのでした。このFX、1998年の改正外為法の施行から始まりました。それまでは銀行でしか認められなかった通貨の交換が、誰もでも銀行以外の業者を通じて取引が出来るようになったのです。 この通貨交換と言うのが、海外旅行人気と交わり、多くの人が取り組むようになったものと思われます。海外旅行に行かれる方は、必ず二国間通貨の両替をします。それは、円とドルであったり、円とユーロであったりするのですが、旅行から帰って来て再度両替する時に、円の価格、ドルの価格、ユーロの価格などによって、両替後で利益が出たり、差損を生じたりするのでした。 このように判り易い取引形態であることや、身近な情報からも価格の動向が知りやすく、無難に取引をしていると利益を出せることが多くなったことから、人気も沸騰して来ました。そんなことから今では、たくさんの証券会社が設立され、それぞれの会社独自の方法によって利益を出す仕組みがなされるようになりました。今ではたくさの証券会社が存在しています。 口座を開設する前に会社情報をしっかりと確認されると良いのでしょう。初心者に良い証券会社、プロが好むような証券会社等の存在があります。おすすめFX業者などを確認することで、自分の目指す取引が出来る証券会社を選ぶようにすると良いのでしょう。

FXで大損しないためには?

 

FXは、数百万円、数千万円、数億円儲かったという話がよくあります。FXはレバっレジをかけることができるため、確かに短期間でこのような金額を儲けることは不可能ではありません。しかし、FXで儲かったという話以上に、FXで損をしたという話の方が多いのです。FXで大損した人のパターンは、主に2つあります。

 

1つ目は、レバレッジを大きくかけすぎて、相場が予想とちょっと反対に動いただけで、大きく損をしてしまったパターンです。2つ目は、レバレッジはそれほど大きくかけなかったけど、相場が予想とどんどん反対の方向にいってしまい、いつかは戻るだろうと希望を持って、ポジションを持ち続けたら、どんどん相場が逆に行ってしまい、取り返しがつかなくなったというパターンです。これは、FXのみならず、株式投資などでもよくある損するパターンです。

 

このパターンを理解して、このパターンにハマらないようにすれば、FXで大損することを防ぐことができます。それでは、どうすれば良いのでしょうか?1つ目のパターンに対しては、レバレッジをかけすぎないでください。2つ目のパターンに対しては、ストップロスを必ず設定してください。ストップロスとは、相場がいくらまで下がったら損を確定させるというものです。損をする範囲を決めておけば、それ以上損をすることがありませんので、再起不能なまでに大損することはありません。ストップロスは注文する時に設定できるので、ぜひ設定しておきましょう。レバレッジをかけすぎないことと、ストップロス。これに心がけて、FXをしましょう。

続きを読む≫ 2015/02/25 06:19:25
自動売買するならMT4 自分でFXをする場合には、どうしても損切りや約定のタイミングで私情が入ってきます。FXにおいて、この私情がとても厄介なものになります。自分がポジションをとっているものが、予想をした動きとは逆にいったばあいには早い段階で手仕舞いをするのが普通です。しかし、人間の心情として反転するかもしれないという期待をして、そのまま含み損が膨らむ場合があります。 それを起こしている原因は感情といっても間違いないでしょう。これを回避するために有効なのが自動売買システムを使うことです。自動売買として有名なのがMT4です。MT4が人気の理由は、豊富なテクニカル分析があったり、高機能のシストレが使えるということがあげられます。一番の理由は誰でも無料で使えるという部分です。他にもツールはたくさんありますが、使用をする条件が有料であったり、口座開設をした人という制限がある場合が多いのです。 それに比べてMT4は誰でも使うことができるので普及してきています。さらには世界中のプログラマーが今もMT4をより使いやすいものにしようと開発を続けています。そのため豊富なチャートやテクニカル分析を利用することができるようになっています。チャートを見ながら取引をすぐに行うことが出来たり、シストレのプログラムを利用することもできるようになっています。初心者であれば、自分で取引をするよりもシストレを使ったほうが、利益が出る場合もあります。
続きを読む≫ 2014/03/13 10:04:13
安心の取引を行うために 私はFX初心者です。なので取引はかなり慎重に行っていきたいと思っています。開設した口座は、1000通貨単位の取引ができる業者で開きました。少ない金額での取引ができる業者だと、リスクを最小限に抑えることができるのでお勧めです。儲ける額が少ないからいやだ、という人もいるかもしれません。ですがFXを始めるときにはリスクもきちんと考えた上で、トレードしなければなりません。 私は特に心配性なため、長期的な取引はできないと思っています。1000通貨取引だとすぐに売買したほうがリスクをより軽減できますし、利益もきちんと確保できるでしょう。粘りすぎてもよくありません。なので短期取引はFXという心配事もすぐに消してくれるので、私としては心理的に楽な取引です。そんな思いをしてまでなぜFXをやるの?と思う人もいるでしょうが、やっぱり少しでも収入を増やしたいという思いがあるのです。 1000通貨取引だと利益が出ても少ない金額ですが、損をしても少ない金額になります。それに小さな金額でも、何度も何度も取引を行っていくため、積み重なって大きな金額になるのです。1000通貨取引はわかりやすい取引で、負担が少ないのでぜひ一度試してください。よくパソコンの前に何時間も座ったままレートなどをチェックしたり、売買のことを考えている人もいますが、私は一度もそんなこと行ったことはありません。それもまた1000通貨取引のいいところだと思います。
続きを読む≫ 2014/03/13 10:03:13
yjfxって何の略? yjfxってきいたことあるでしょうか?このアルファベットだけじゃわかんない人もいるかもしれません。『yjfx』とはヤフージャパンFXの略なんですね。以前はサイバーエージェントFXって名前だったのですが、社名を変更してヤフージャパンFXになったんですね。この会社開始当時から結構キャンペーンやサービス開始前に色々なキャンペーンもやっていたようです。バイナリーオプション、オプトレは取引に使うツールで、サービス開始前にはオプトレ新聞なるメルマガも発行されていたようです。 最近私の周りでも結構な知り合いが自分の資産を運用するようになっており、株式投資や外貨貯蓄など、様々な投資を行っている人が目立ってきており、僕の親戚もFXを始めたようで僕にどの会社が良いかを尋ねてきました。いまやお金は貯蓄では駄目だという人が急増しており、こぞって投資を考える人が増えているのです。其の中でもFXは初心者が始めるにあたり、良い環境が整い始めている投資の一つといえるでしょう。 いまや書店にはFX関連の書籍は多数有り、その内容も初心者向けから上級者向けへと様々です。これからは銀行に預けてあるお金を運用し資産として活用する時代に来ているのかもしれません。FXをはじめるなら知名度も抜群で初心者にも優しいと定評のあるヤフージャパンFXで決まりじゃないでしょうか。やはり最初はわかり易く、サービスやサポートが充実したところが一番です。
続きを読む≫ 2014/03/13 10:02:13